院長のブログ

新しい家族が来ました
皆さん、こんにちは。シルバーウィークの真っ只中ですが、いかがお過ごしでしょうか。カープは優勝しても、まだ白星を重ねています。選手の集中力が途切れていないというところがとてもすごいと思います。球団によっては調整期間と称して、ベテランは休んで、すべて若手で構成したりするところもありますが、いまだ挑戦者の気分で、全試合勝ちに行っている感じですね。そういう中でも、野間選手、小窪選手、西川選手、下水流選手、塹江投手、オスカル投手、磯村捕手などにもチャンスを与えています。塹江投手は、9月11日にジャイアンツ戦にリリーフで登場し、1アウトしか取れず、自責点4で、防御率162.0とすごい値をたたき出してしまいました。あの伝説の大野投手を抜く、(不名誉な)大記録です。しかし、それも9月16日の中日戦では1回を打者3人でぴしゃっと抑え、防御率40.5とだいぶ回復したのでした。まだ19歳ですし、左腕ですので、期待されています。今から伸びて行ってほしいです。また、9月17日には丸選手のホームランが、ビデオ判定で確定しました。ファンが、ボールを取ったとか取らなかったとかで。結局ホームランになり、自己最多の20号到達です。10本以上ホームランを打っている選手が、7名もいるカープ、誰でもホームランを打ちそうで、相手ピッチャーは大変でしょうね。

昨日は、サンフレッチェも久しぶりに勝ちました。しかし、後半途中まで3-0で勝っていたのにもかかわらず後半で2失点はいただけません。これが今シーズン勝ちが積み重ねられていないことを反映している点かもしれません。でもまだ残り試合はあります。特に次節は因縁の浦和、アウェーでの戦いです。がちっと点を取って圧勝してほしいものです。

さて、表題の件ですが、本日新しい家族が来ました。4月生まれの女の子、ののんといいます。姓名判断も駆使して名づけました。ブリティッシュショートヘアという種類の猫です。ペットショップに行ったときに会いましたが、ほかの子猫たちは、6月生まれとか、とっても小さかったのに、この子だけすでに生まれて4か月も経っており、ほかの子と比べると二回りくらい大きかったです。小さいケージに大きな子猫で、せまそうでかわいそうだなと思って見ていた所、お店の人に「抱っこしてみますか」と言われ、抱っこしたのが運のつき。ハリーの時も同じ様な経過で家族になったのですが、同じパターンにはまってしまいました。それでも、当初は、だれかいい人に買われたらいいね、と言っていたのですが、次の週行ってみると、まだいるではないですか。どんどん大きくなるので、部屋は手狭になるし、先日抱っこした時に、爪も出さず、ずっといい子しているのを体験しており、このままほっとけない、とついに家族にすることを決めたのでした。といっても、まだ家のほうが猫を飼う環境になっていなかったため、10日ほど引き取りを待ってもらいました。その間も、休みのたびに会いに行って、親交を深めていきました。先日行ったときには、お店の人に、「この子に興味を持っていた人は3組いたんですよ。」と言われ、タッチの差でうちの家族になったのでした。目がくりくりして、白とブルー(実際はグレーに見えますが、この猫の場合、ブルーと呼ぶらしいです)のツートンが左右対称で、超かわいいです。すでに親バカですね。2回目に会ったときのののん
2回目に会った時です。
ケージ内のののん  ケージ内のののん2
ケージに横たわるののん               座っておすましするののん
このケージは1週間かけて作成しました。仕事が終わってからと、休診日をすべてつぎ込んで、本来は立体型の2階建てのケージ用のパーツをばらばらにして、支柱なども自分で切ったり、削ったりして作成しました。

ハリーの写真も家に飾っており、よく話しかけています。彼も妹ができたと喜んでくれていると思います。
| 院長のひとりごと | 22:41 | - | -
ビールかけ
皆さん、こんばんわ。今日はまだ起きて、カープ優勝の特別番組を見ています。ビールかけをしている選手たちのうれしそうな顔。こちらもつい顔がほころんでしまいます。本当に長かった、優勝を待ちわびて25年。広島に生まれて、カープという球団があって、これほど嬉しいと思った日はありません。広島の街ゆく人たちが喜んでいるのを見ると、カープってすごく広島の人たちに愛されているのだな、と思いました。また、広島県の人たちだけでなく、東京ドームが真っ赤になっているのをみて、全国にいかにカープを応援している人が多いのかがわかりました。芸能人でもカープファンは多く、広島県人以外で、お笑い芸人では、チュートリアルの徳井さん、ロザンの宇治原さん、柳原可奈子さん、ミュージシャンの槇原敬之さん、西野カナさん、俳優の谷原章介さん(先日も広島のズースタで一ファンとして、応援していたようですね)、藤原竜也さん、つるの剛士さん、秋野暢子さんなど多数いるようです。今回は、日テレの枡太一アナが、ドームでの広島巨人戦に、カープのホームの白いユニフォームを着て映っていました。日テレは読売新聞と巨人軍で読売新聞グループを形成しているはずですが、そこの社員である枡アナが、生粋のカープファンであることを公言し、カープのユニフォームを着てテレビに出ていたことに、敬意を表します。干されなさんなよ。

NHKを見ていますと、後ろの掲示板の上のカープ坊やが泣いています。喜びの涙を流しているのです。細かい演出にびっくりしました。これらもNHK広島の制作の人たちのカープ愛が出ているなあ、と思いました。また、気象予報士の勝丸さんがおっしゃっていましたように、ビールかけのあとのインタビューに、選手みんながすごくまじめな回答をしていたのですが(菊池選手を除く)、これがカープのよさかなとしみじみと思いました。あとは、クライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズでパリーグ覇者を打ち破って、ぜひ日本一を勝ち取ってほしいです。フレフレカープ。

今回は、なんだか取り留めのないことを書いてしまいました。感動のあまり、思考が止まっています。ご容赦くださいませ。
| 院長のひとりごと | 01:58 | - | -
25年ぶりカープ優勝おめでとう!!!!
皆さん、こんばんわ。今日は深夜の特別の更新です。そうです、ついにやりました。われらのカープが25年ぶりにセリーグを制覇し優勝しました。それも、黒田投手が勝ち投手となる試合でです。本当におめでとう〜〜。そしてありがとう〜〜〜。

神っている鈴木誠也選手は2本のホームランを打つし、松山選手も非常に難しい、低めのカーブをうまくすくって、右中間に特大のホームランを放り込みました。投げては黒田投手が6安打は打たれましたが、3点に抑え、味方打線も中盤に小刻みに加点し、8回にも新井選手の全力疾走が引き起こした巨人のエラーから勝ち越しの1点が入りました。リリーフ陣も負けてはいません。今村、ジャクソン、中崎投手と抑えの方程式、とはいわないけど、勝ちパターンで巨人の後半の得点を、村田選手の技ありのライト前タイムリー一本に抑えました。巨人のバッターも簡単にアウトになってくれず、10球以上投げさせていました。さすがしぶとい巨人です。9回の巨人の攻撃の時には、本当にドキドキと緊張しました。マジック1ですので、どこかで優勝するのはまず間違いないのですが、黒田投手の投げた試合でもあるし、ぜひ今日勝ってほしいと思う気持ちが強く、ここ何年も感じることのない、テレビ観戦での緊張感でした。そして、胴上げでは、黒田投手、新井選手、菊池選手などが泣いていました。私もうるうる来ました。本当に長かった。とてもうれし〜〜い、ありがとうカープ!!

NHKで見ていたのですが、小早川毅彦、大野豊さん二人が解説でした。二人ともカープの中心選手であり、カープよりの発言、カープファンにとってはとても耳触りのいいものでした。広島テレビがしばしば、山本浩二、池谷公二郎、野村謙二郎さんの3人で解説を組んでくれますが、それについでよかったです。小早川さんは入団した年の1984年、86年、91年と3回の優勝と84年の1回の日本一を経験していますし、大野さんも79、80年の連続優勝、84年、86、91年と5度の優勝を経験している、カープ全盛期を支えた投手です。大野さんは22年間も投手として活躍し、巨人の王貞治選手、松井秀樹選手の両方に投げたことのある、たった3人の投手の一人でもあります(残りの二人は、北別府投手と、小松辰雄投手(中日))。また100勝100セーブを達成した6人しかいない投手の一人でもあります(残りは江夏豊、山本和行(阪神)、斉藤明夫(大洋→横浜)、郭源治(中日)、佐々岡真司投手です)。すごい選手たちがいるチームです、広島って。

明日の中国新聞の1面は、カープ優勝で決まりです。永久保存版にしよっと。

| 院長のひとりごと | 23:56 | - | -
オリンピック
皆さん、こんにちは。8月も中旬を過ぎ、少しずつ秋らしくなってくるかと思いきや、まだまだ暑い日が続いておりますが、お変わりないですか。私は未だに、夜はエアコンと扇風機のダブル冷房で寝ています(といっても、エアコンは28度設定ですけど)。話に聞くと、エアコンを3時間ほどかけて、涼しくなっていったん切ってから、また暑くなったらつけるという感じでのオンオフを繰り返す方が、電気代がかかるようです。温まったのを一気に冷やそうとして、フルパワーで稼働するからとのこと。自動車でも、アクセルのオンオフを繰り返すより、一定速度で走る方が燃費が良いというのと同じ原理でしょうか。

さて、この暑さとは別に、今ブラジルのリオデジャネイロでは別の意味でとても暑い夏の戦いが行われていますね。そうです、オリンピックです。一時は開催も危ぶまれるほど施設工事が遅れていましたが、とりあえず何とか運営できているようです。ただ、選手村ではシャワーの水が出なかったり、水漏れしたり、また、社会不安を反映して、強盗、盗難なども頻繁に起こったり、大会運営のボランティアが来なかったりと、今までの大会とは一味違う大会になっているようです。そういう中で、日本の選手たちはすごく頑張ってくれており、連日私たちに勇気と希望、明るい気持ちを与えてくれています。スタートは水泳陣、柔道陣が引っ張りました。金メダルをふくめてメダルラッシュに沸きました。中盤は体操、卓球が頑張りましたね。終盤になってくると、女子レスリング、バドミントンが金メダルラッシュと本当にびっくりです。

逆に金メダル確実と言われていた、フェンシング太田選手、男子水泳の入江選手、男子体操床の白井選手や、女子レスリングの吉田沙保里選手が残念な結果に終わってしまいました。その他、卓球女子の石川佳純選手の初戦敗退にはびっくりしましたし、水泳の渡部香生子選手も、持ち味を発揮できませんでした。ただ、石川選手は、個人で悔しかった分、団体戦は全勝と実力があるところをしっかり見せてくれました。オリンピックに魔物がすむと言われていますが、やはりそうなのでしょうか。シンクロデュエットで銅メダルを獲得した三井梨紗子、乾友紀子選手を指導してきた、今期より日本に復帰した”鬼コーチ”の井村ヘッドコーチによれば、「オリンピックに魔物なんておらん、しっかりした準備が大事や」となりますが・・・。ただ言えることは、これ以上できない、限界までの(あるいは自分の思っている限界を超えた)日々の練習に耐えてきている選手にのみ揺らぐことのない自信がつくのでしょう。本当に選手の皆さんは大変な努力をしてこられているのですから、メダルのあるなし、またメダルの色にこだわらず、胸を張って帰ってきてほしいです。また、思うような結果が得られなかった選手の皆さんには、次回は東京での開催が決まっていますので、ぜひリベンジして頂きたいな、と思います(中には、今回が最後のオリンピックという選手もいるかと思いますが)。

それとは別に、われらのカープも首位を快走中です。一時、巨人に4.5ゲーム差まで詰め寄られましたが、8月5日からの巨人との3連戦の最終日、いずれも1点差で連敗した後のゲームをサヨナラ勝ちで拾ったのがとても大きかったように思います。その後、またゲーム差をじりじり広げて現在7ゲーム差です。ルナ選手の調子が悪いと思えば、エルドレッド選手が帰ってくるし、大瀬良投手も戻ってきています。現在は圧倒的に有利ですが、油断は禁物。以前のメークドラマの再現だけはこりごりです。また、実際にパリーグでは、10ゲーム以上離してぶっちぎりだったソフトバンクが、日ハムの驚異の追い上げにあい、現在はなんとゲーム差なしになってしまっています。一歩一歩積み上げていけばきっと悲願の優勝が見えてくると信じています。頑張れカープ!!
| 院長のひとりごと | 16:46 | - | -
誕生日のお礼
皆さん、こんにちは。暑い日が続いていますが、夏バテなどなさっていないでしょうか。私はばててはいませんが、いまだ咳が残っています。痰がへばりついた感じがのどの奥にあり、その刺激のため咳が出るようです。もともと風邪の後は喘息っぽい状況になっていましたが、今回はちょっと違う感じです。抗生物質を10日くらい飲んでだいぶ良くなってきてはいますが、まだまだです。しっかり治したいと思います。

7月23日(土)、ついにやりました。黒田投手が野茂投手に続き2人目の日米通算200勝を、また広島カープでは北別府投手に続きこれまた2人目の200勝を広島のズームズーム球場で達成しました!!7回を無失点と堂々のピッチングを披露してくれました。打線も1回にルナ選手の3ラン、3回に5安打を集めて、3回までに7−0の盤石の試合運びでした。私も見に行った前回の登板では巨人に0−6で負けていましたので、今回はと思っていましたが、余裕の流れでしたね。リリーフ陣も今村、一岡の両投手が無得点で締め、3人で完封リレーでした。超満員の地元の球場で、多くの赤い声援を受け、さらに皆に祝ってもらえて本当によかったですね。あとは優勝に向かって一丸となって突き進むのみです。今年こそ優勝をと、心から願っているファンも数多いと思います。もちろん私もその一人であることは言うまでもありません。頑張れ、われらのカープ!!

今日は実は私の誕生日でした。50歳を超えると、記憶力、理解力、視力、脚力、持久力、忍耐力など落ちる落ちる。一気に下っているのを実感します。それでも患者さんがよくなって笑顔になってくださるのを見ると、やる気がわいてきます。その一方で、よくならない、あるいは悪化しているのを見ると、自分の力不足を感じて、落ち込んでしまいます。皆さんの笑顔が見られるよう、努力だけは続けていきたいと思っています。話がずれてしまいましたが、誕生日ということで、スタッフ、薬局さんからプレゼントを頂きました。本当にうれしかったです。2016年誕生日スタッフワインまずは、スタッフからですが、大好きなワインのセットを頂きました。夜の食事にアルコールが欲しい私は、料理に合わせて、ビール、ワイン、焼酎を飲みます。時に日本酒やウイスキーのこともありますが・・・。こんなに書いていると、呑み助と思われるかもしれませんが、量は飲みません。ビールなら350ml1本、ワインならグラス1杯(マックスでも1杯半)と決めています。外ではもう少し飲みますが、家ではリラックスしているせいか、すぐ酔ってしまうのでした。こんな私のことをよく知っているスタッフはおいしそうなワインを贈ってくれました。しっかり料理との相性を考えて、味わっていただきたいと思います。ありがとうみんな!!

続いては薬局さんからのプレゼントです。皆さん、ご存知ですか。この特別なユニフォーム!
黒田ユニフォーム前黒田ユニフォーム後ろ真っ赤激のスペシャルレプリカユニフォームです。緑の文字と赤い唐辛子がアクセントでとてもかわいいユニフォームです。黒田ファンの私に合わせて15番を下さいました。話を伺うと、お店に並んで購入してくださったとか。カープのオフィシャルサイトを見てみるとすでに売り切れになっているユニフォーム、本当に貴重なものです。大切にしたいと思います。ありがとうございました。

そのほかにもいろいろプレゼントを頂きました。お贈り下さいました皆様に、心より感謝いたします。この嬉しい気持ちを、明日からの診療のエネルギーに変えて一層頑張りたいと思います。

最後ですが、8月1日より、クリニックより可部方向に200mほど行ったところにあります第二駐車場が使用可能となります。詳細は追ってお伝えしたいと思います。当面は、クリニック下に地図など置いておきますので、必要な方は自由にお取りください。
| 院長のひとりごと | 00:21 | - | -