院長のブログ

稀勢の里おめでとう
皆さん、こんにちは。3月も下旬となり、スギ花粉の量が一気に増えました。それに比例するかのように、当院にも、顔が真っ赤になったり、かゆくなったりされた患者さんが大勢来られるようになりました。私の場合は、皮膚には症状は出ませんが、2月は目のかゆみだけだったのに、最近は鼻水、咳も出るようになってしまいました。マスク、防護メガネ、目薬、そして飲み薬でしのいでいます。暖かくなるのはうれしいですが、花粉はつらいです。かと思うと、山梨の当たりでは雪が降る可能性があるとか。もう4月が目の前ですが、本当に気温が落ち着きません。体調を崩さないように、気を付けましょう。

最近は、スポーツが熱いです。今日は、稀勢の里関が逆転優勝しました。本当におめでとう!!12日目に横綱の日馬富士関との戦いで左肩を痛めたものの、そのけがを押して強行出場し、案の定13日目には横綱の鶴竜関にも敗れてしまいました。もう肩が悪くてだめだと思っていたのに、本日も強行出場したのには驚きました。1敗の大関の照ノ富士関との取り組みでは、立ち合い少し変化しましたが、動き回って、最後は突き落としで勝利、優勝決定戦に望みをつなげました。これだけでも十分よくやった、と思ったのですが、優勝決定戦では、自分の間合いから、しっかり正面から立って、相手を受け止めました。ただ、もろ差しになったので、もうやられたと思っていましたが、土俵際をうまく回り込み、最後は使える右手一本で小手投げを決め、大逆転優勝です!!けがをしていなくても、2連勝は凄いのに、肩を痛めるという圧倒的不利な状況からの逆転ですから、鳥肌ものでした。優勝後のインタビューで、「今何がしたいですか?」の質問に「稽古ですかね」の返事がありました。これは稀勢の里関の真面目さを表しているなと感じましたし、ケガをしても出場するのは横綱としての責務と考えるというその心意気が最後に優勝を手繰り寄せたのだと思いました。本当にすごかった。稀勢の里関、おめでとう。

サッカーではハリルジャパンは、UAEとアウェイでしたが2−0の完勝でした。GK川島選手のスーパーセーブもありました。攻撃では、ベルギーのヘントで活躍中の久保裕也選手が、右からのパスにするっと抜け出し、キーパーの右肩越しにスーパーゴール。また、その久保選手は、故障の長谷部選手に代わって招集されたベテランの今野選手にジャストのセンタリングを上げ、その今野選手が2点目をゲット。若手とベテランが活躍しました。長谷部選手は替えがいないほど大切な選手でしたが、代役の今野選手が大活躍してくれました。しかし、悲しいニュースが・・・。そうです。その今野選手の左足小指付け根の骨折が判明したのです。またボランチ(守備を中心とする中盤の選手)がいなくなりました。後はタイとの戦いです。今最下位ですが、侮れません。みんなの力を合わせてあと1勝してほしいです。

地元のチームでは、カープはオープン戦、全く勝てません。昨日はロウトルのソフトバンクの松坂投手に全く手も足も出ず、その後の継投した投手も打てず、結局ノーヒットノーランを達成されてしまう始末。まあこれが本番でなかったからよかったものの、これまでのできなかったことをちゃんと反省し、今後の戦力アップにつなげてほしいものです。それでも、少しだけ嬉しいことも。今日のテレビでの今シーズンのセリーグ順位予想では、本命はないほどの混戦だ、ということでしたが、強いて挙げれば優勝に最も近いのはDeNA、対抗が広島、穴がヤクルトと言っていた人がいました。黒田投手の穴がうまく埋められれば、結構いけると思います。頑張れカープ!!

一方サンフレはジャ〜ン、どうなってるの、という悲惨さです。4試合終わった段階ですが、3敗1分け、勝ち点1の17位です。J1は18チームですから、ドべから2番目ということです。リーグ前は調子が良かったみたいですが、いざ本番で、どん底です。なんせ2点しか取れていないのが致命的です。攻撃時間は浦和に次いで、2位、シュート数もとても多いようですが、枠に行かないとね〜。新加入の選手とまだうまく意思疎通ができていないのか、あるいは他チームがサンフレの弱点を見抜いたのかは不明ですが、これからしっかり立て直してほしいです。

それと、今日の高校野球は、高崎健康福祉大高崎(群馬)−福井工大福井は7−7で、滋賀学園−福岡大大濠も1−1で、ともに延長15回で引き分け、2試合が再試合となる、過去に例を見ない状況となりました。見ている方はドキドキハラハラですが、投げるピッチャ―が大変です。150球以上投げているピッチャーもいますので、肩を壊さないようにしてほしいですし、そうならないように、高野連も規定を作ってほしいと思います。

最後ですが、この数年で、高陽地区で長年皮膚病に悩んでいる方を診てきておられた、とき皮膚科と高陽皮膚科の2軒の皮膚科が閉院されました。その結果、戸坂に功野皮ふ科がありますが、そこから北に白木街道を行くと、吉田総合病院まで皮膚科医はいない状況となっていました。しかし、この4月に、落合5丁目にながた皮ふ科が、そして口田1丁目にもりかわ皮ふ科クリニックの2軒が開業されます。いずれも私の後輩で、総合病院で部長を長年務められてきた優秀で、優しい医師です。何か皮ふでお困りのことがあれば、行ってみてください。もちろん当院も開いていますので、何かありましたら、ご遠慮なく来院ください(2年間続いた介護保険の審査委員もこの3月で終わりましたので、木曜日午前の人数制限はなくなりました。は〜長かった)。
| 院長のひとりごと | 00:58 | - | -
暖かかったり、寒かったり
皆さん、こんにちは。2月は28日しかないので、あと1週間も残っていません。「にがつ」は「にげる」と、昔の人はよく言ったもんですね。日本の社会的暦からは、1〜3月は年度末にあたるので、いろんなことが最終局面を迎えます。特に行政では、予算を年度内に使い切らないといけないため、余っていたお金でいろんなところでの消費が始まります。一番は道路工事でしょうか。あちこちで補修工事が行われています。先日夜に平和公園の近くにいたら、20時頃でも歩道専用の橋の工事を行っていました。今年のフラワーまでに間に合わそうというのかなと思ってみていましたが、きちっと予定通りに物事を進めて行ってほしいと思います。

広島以外でも、日本全国でいろんな工事が行われていると思います。特に東京オリンピックが予定されていますので、東京周辺はもちろん、熊本の地震後の復旧、近いところでは鳥取の大雪の後の復旧もありましょうし、少し前では、広島土砂災害、さらには東日本の震災の後片付けもまだ全然終わっていないと思います。人々の生活を守る、また立て直すための作業は必要不可欠で、急を要しますので、いらない箱モノを作るのは後回しにして、大急ぎで直してほしいと思います。でも、年度内に割り当てた予算に対しては、別のことには使えず、そのことにお金を使わないといけませんからねぇ。きっといらない箱モノも作っていくのでしょう。優先順位を考えるというのは、日常の業務をスムーズに行う上ではとても大切なことだと思われますし、皆さんも考えて行動しておられると思います。それがなぜ優秀な官僚の皆さんがされないのかわかりません。きっと私の知らない決まり、法律などがあるのでしょう。あるいは、省が異なると、トヨタと日産みたいに、全く独立して動くのかもしれませんね。元は同じ税金が原資なのですが・・・。

今年は、インフルが大流行ですね。1月中旬から学級閉鎖が多くなりはじめ、1月下旬〜2月上旬をピークに、今でも20〜30クラスが学級閉鎖になっています。当番医の先生方の中には、100人以上の患者さんが来られ、70%がインフルだったと言われる先生もいたとか。実は当院のスタッフのお子さんの中にも微熱が出たため、念のため病院に行ったらインフルだったというケースもありました。今年は高熱が出ないパターンもあるようです。長引く風邪様の症状があるときには、やはり病院にかかられたほうがいいかなと思います。また、感染性胃腸炎もまだ油断できません。いずれも手洗い、うがいが大変有効ですので、皆さんも引き続き励行してください。

皆さん、今日は何の日かご存知ですか。日本には語呂合わせでいろんな日がありますね。たとえば11月12日は「いいひふ」と読んで「ひふの日」です。2月22日は「ににに」→「にゃんにゃんにゃん」と読んで、なんと猫の日だそうです。1987年に制定されました。Wikipediaによりますと、猫の日は、実は日本だけでなく、世界中にあるようです。ということで、最近のののんです。前回登場時の4kgをはるかに超え、なんと5.2kgになってしまいました。どおりで猫タワーの丸くくりぬいた穴を通りにくいはずです。妻は体重に合わせた分量の餌しかやっていないと言っていますが、見ていると、計量カップの基準線を少し超えた量をいつも与えています。私が餌を与えるときには、基準線ぴったりにしていますので、ちりも積もれば山、となったのでは、とこっそり思っています。
風呂の中 足クロス
     風呂の中が大好き       足のクロスのポーズ どう?女の子らしいでしょ♡

もうちょっと追加です。
ソファの上 大股開き
  ソファーの上でドテン       女の子なのにあられもない姿

来院された方の中には既にお気づきの方もおられるかもしれませんが、2月になり、看護師さんが一人仲間に加わってくれました。また6日から24日まで受け付けに専門学校の学生さんがインターンシップ(体験学習)のため来ています。2人も新しい顔が増えると、雰囲気が変わりますね。さらに、3月からもう一人看護師さんが増える予定です。当院は、いろんなことを行っている(と私は思っています)ので、覚えることも多く、すべてのことに対応できるようになるには少し時間がかかります。患者さんにご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、皆んな頑張っている(くれる)と思いますので、暖かい目で見守ってください。
| 院長のひとりごと | 18:59 | - | -
寒い日が続きますね
皆さん、こんにちは。寒い日が続いていますが、お変わりないですか。昨年12月から今年の正月ころまでは結構暖かかった気もするのですが、1月も中旬からとても寒くなりました。朝は2度とか3度とかぶるぶるでした。そして、14日の夜から雪が降り始め、15日の日曜日は、市内も大雪でした。用事で並木の当たりに出かけたのですが、いつもは車でいっぱいの平和大通り、並木通りなどガラガラでした。中央通り雪車に大雪また、駐車車両の上にも大雪。市内でこれだけ降ったのはいつ以来かな、というほどの大雪でした。
雪解け
しかし、さすが市内は、雪解けも早い。2時間後には解けていました。
ついで、安佐南区はどうかなと心配になって、スタッフに状況を聞いてみると結構積もっていますとのこと。そして写真を送ってくれました。
駐車場雪深い雪階段も大雪
裏の駐車場は真っ白。20センチは積もっています。また当院は外階段なのですが、そこも真っ白。これはいけないということで、翌朝スタッフには8時集合としてもらって、皆で雪かきをしました。そしてとりあえず、8台分の駐車スペースが確保できました。今日は誰もいらっしゃらないのかなと思っておりましたが、この雪の中、70人もの方が来院されました。お疲れ様でした。皆さん、安佐地区にお住まいで、雪になれているとはいえ、ご無事でお帰りになったでしょうか。私も、以前可部に8年住んでいましたが、市内とは雪の量がかなり違っていました。今回広島市は広いなと改めて思いました。

最近のうれしいニュースと言えば、稀勢の里関の横綱昇進でしょうか。19年ぶりでしたか、日本人横綱の誕生です。初優勝で横綱昇進は少し早すぎるという意見もあるかと思いますが、やはり日本人の横綱を待っていたファンも多いと思います。ファンあっての相撲という見方もできますので、この裁定もいいのではないかと思っています。昨年はカープが25年ぶりの優勝でしたが、最近は久しぶりの出来事が多い気もしますね。なにはともあれ、稀勢の里関、カープとも頑張ってほしいです。

嬉しくないニュースと言えば、私の大好きな趣味の将棋に関してがありました。将棋連盟がスマホを対局中に使ったのではないかという疑惑を三浦九段にかけ、せっかく決まっていた竜王戦の挑戦権を剥奪し、12月いっぱいの対局をできないようにしました。しかし、外部委員会の精査にて、スマホを使ったという証拠は全く見られず、冤罪となってしまいました。竜王戦の挑戦者には勝てば4320万円、負けても1590万円の賞金が入るということで、この失われた挑戦権は痛すぎです。そして間違った判断をしてしまったということで、会長の谷川九段が将棋連盟会長を辞職されました。実は、私は初めて将棋の本を買ったのが、故大山康晴15世名人の本で、次に買ったのが、谷川名人(当時)の本でした。以来谷川九段の大ファンでしたので、今回の騒動は大変ショックでした。谷川九段は超真面目な方ですので、三浦九段を貶めようとかいう発想はなかったと思います。では、証拠もないのに、なぜ上記のような処置をするような判断をしたかがわかりません。三浦九段も真面目な方ですし、どうなっているのやら。噂では、数人が三浦九段の疑惑に確信を持っていて、それを強く谷川会長に伝えたとも漏れ聞いていますが、真相は闇の中です。何はともあれ、新会長の下、正しい方向に向かって運営をして頂くことを祈るばかりです。

先日、ベンアフレック主演の映画、アカウンタント(会計士)を見に行きました。サヴァン症候群(発達障害のひとつで、ある分野に関しては並外れた能力を示すが、通常の能力は普通で、時にコミュニケーション障害を持つ)の彼は、一目見たものを瞬時に記憶し、計算できるという能力を持っています。そして、依頼された会計の不正を暴くのですが、それはあくまで表の顔。裏には国際的な犯罪組織の会計も行うという面ももっているのでした。また、銃の腕前、武術の腕前も超一流で、悪い奴らをバッタバッタとなぎ倒すのでした。ダークヒーロー的な役回りでしょうか。まあまあの映画かな。見に行きたい人はどうぞ、という感じでしょうか。

最後にお知らせですが、1月に看護師さんが一人退職されました。そのため、処置の一部ができないという状況になっています。人員が確保できましたら、少しずつ元の状態に戻したいと考えておりますが、新しく入られる方がみつかりましても、その方がすぐに当院の処置すべてができるようになるわけではありませんので、少しお時間を頂ければと思います。
| 院長のひとりごと | 22:26 | - | -
明けましておめでとうございます
皆さん、こんにちは。そして少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。昨年末〜今年のお正月はいかがお過ごしだったでしょうか。2016年も多くの出来事がありましたね。経済界では、1月に株安が起こり、日経平均株価が3000円も下がったかと思えば、年末にはトランプ効果で、20000円に届きそうな勢いになりました。また、マイナス金利が導入され、預金金利も0.001%と過去最低です。100万円を1年預けて10円の利息。それに税金がかかるという、とんでもないことです。嬉しい点は消費税増税が延期になったことでしょうか。これは、国の収入が減るということなので、日本国としては好ましくないことだと思いますが、大企業の減税を解消したり、会計監査院が報告しているような無駄な出費、談合による高値の是正、特別会計の見直しなどで、本当は十分賄えるのではと思っています。

国内の事件としては、1月には軽井沢のスキーバスの転落事故で14名がお亡くなりになりました。4月には熊本地震、5月には現役アメリカ大統領史上初のオバマ大統領の広島訪問もありました。三菱自動車の燃費不正問題と日産自動車への買収、水素水フィーバー、舛添氏の東京都知事辞任と、小池氏の就任、ポケモンGoの配信による、子供たちのみならず、大人の外出、歩き回り、運転中の事故の多発、障がい者19人の殺害事件、リオオリンピックでの日本人大活躍も記憶に新しいところです。

後半になると、イチロー選手の日米通算安打数が世界一、アメリカ単独でも3000本安打達成、そしてわれらがカープの25年ぶりの優勝、君の名は。の大ヒット、ピコ太郎バカ受けなど、明るいニュースもありましたが、博多での陥没事故、福島沖の地震など、災害も起こりました。年末にはスマップの解散、逃げ恥ブームも起きました(私はこの番組は見たことがないのですが、踊りがかわいいみたいですね)。本当にいろんな種類のことが起こりました。

昨年の当院での最も大きな出来事としては、昨年10月10日に、開院して丸10年となったことでしょう。開院以来、総数30名を超えるスタッフと働いてきました。ここまでいろんなことがありましたが、多くのスタッフ、そして、薬局の皆様の協力で、乗り越えてこられました。また、地元の皆様にも、騒音、混雑など色々ご迷惑をおかけした点もあろうかと思います。それにつきましては、少しずつですが、自分なりにできる対応はしてきたつもりです。まだ至らぬ点もあろうかと思いますが、改善できることにつきましては、改善していきたいと思っています。引き続きよろしくお願い申し上げます。


固い話はここまでとして、今年読んだ本で(と言っても、まだ10日しか経っていませんが)面白かったのは、「これが広島弁じゃ!」です。紀伊国屋で立ち読みしていたら、とても面白くけらけら笑いが出たので、このままでは不審者になってしまうと思い、購入しました。これが広島弁じゃ作者は広島出身の、方言学を専門とされている灰谷謙二教授です。広島っ子ということで、読んでいくと「そう言う言う」「あ〜こういう語源から来ているのか」「今の若い人はもう言わんね」など、広島弁を愛する私にはどストライクの本でした。一番気に入った文例は、”「よる」と「とる」をつかいこなす”というところです。これだけではなんのこっちゃということでしょうが、例文は、「いまあんたどこにおるんね」にたいして「帰りよるよ」「帰っとるよ」の2つの言い方が広島弁にはあるというのです。確かにそう言います。そしてこの二つは意味が確かに違いますね。前者は「帰りつつある」という進行形、後者は「すでに帰っている」という完了形ですね。「よる」と「とる」でこれだけの違いが出せる広島弁って素敵、深い〜いと思って感激したのでした。その他、「○○先生が来ちゃった」「△△先生、おられますか」はいずれも敬語ですが、標準語で育った人には、「まずいことをしたのかな」「上から目線な物言いだな」と思われるようです。そんな誤解を生じることもある広島弁ですが、私は大好きなので、よく使います。「ちゃんと塗らんといけんよ」「ちゃんと塗りんさいよ」とよく言っていますが、「ちゃんと塗ってくださいよ」という意味であって、怒っているわけではないので、この場を借りてお伝えします。この本はクリニックに置いておこうと思いますので、興味のある方は読んでみてください。活字も大きいので、すぐ読めると思います。

最後になりましたが、今年も皆様にとって良い年でありますよう、祈念しております。また、よろしくお願いいたします。
| 院長のひとりごと | 11:39 | - | -
君の名は
皆さん、こんにちは。ここ数日はとても寒かったですね。金曜日の朝も、車の温度計ですが、1.5度を示しており、冬本番といった感じでした。山間部では、積雪もあったようで、時折屋根に白い雪を乗せた車も見かけました。私が可部に住んでいた時に、可部では大雪だったのに、祇園新道を南下するにつれて雪が減っていって、祇園大橋を渡ったら、全く雪がなかったという経験があり、ふとそんなことを思い出しました。スタッドレスタイヤに履き替える人が大勢タイヤ店に押しかけたとか。少しの準備である程度は防ぐことが可能なスリップ事故ですから、準備を惜しんで事故を引き起こすことのないよう、ご注意ください。私もすでに履き替えています。

先日、久しぶりに映画を2本観ました。一つ目はハリーポッターシリーズ最新作の「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」。もう一つは、久しぶりの日本アニメの、「君の名は。」です。ハリポッターシリーズの方は、今までのハリーポッターとは直接の関係はないので、ハリーポッターも、その友人たちも誰も出てきません。ですから、ハリーポッターを見たことのない人も楽しめる内容となっています。圧倒的なコンンピュータグラフィックの画像にびっくりします。実際の中身は、まあまあというところでしょうか。必見ですとは言いません。興味ある方はどうぞ。

一方の「君の名は。」の方は、心に響きました。マンガですが、特に背景などは写真かと見間違うばかりの繊細さで描かれていました。もしかしたら写真をCG化したのではと思わせるほどの出来でした。人物の絵は普通の可愛い子、かっこいいお兄さんの描き方でしたが、設定がうまく、どんどん引き込まれました。昔みた、「今、会いに行きます」をちょっと彷彿させるストーリーですが、こんな青春があったらすごいだろうな、こんな出会いって、素敵すぎるな、と思わせるものでした。この映画、全世界で大ヒット中だとか。確かにその理由もわかる気がします。人の心を打つ作品というのは、万国共通なのだなぁとあらためて思いました。俳優の神木隆之介さんが男子主人公の瀧くんを演じていますが、プロの声優かしらと思うくらいのうまさでした。彼が声優として出ている映画は軒並み大ヒットとの事で、彼は持っている人の一人でしょうね。また、音楽担当のRADWIMPSは、映画ととてもマッチした音楽を作ってくれており、とてもいい感じです。こちらは必見です。

日曜日、クラブW杯サッカーの決勝がありましたね。世界最強、スペインのレアルマドリッドと日本のJリーグ王者、鹿島との戦いでした。鹿島は、年間勝ち点3位からの逆転優勝でしたが、戦い方を熟知した、老獪なチームです。しっかり守って、カウンターというのが徹底できており、途中2−1とリードをした時間帯もありました。ただ、自力に勝るレアルは、ロナウドのPKで同点に追いつき、延長戦で、彼の2特典で、結局2−4でレアルの勝利で終わりました。しかし、柴崎選手の2点の得点、きちっとした流れから彼のテクで取ったもので、鳥肌ものでした。鹿島の守備をもってすれば、レアルを2−1で破れるのかと本気で思ったくらいでした。最終的には層の厚さの差もあって、残念な結果でしたが、Jリーグのレベルの高さを全世界に知らしめることができたのではないかと感じています。実際、日本から外国に出て行って活躍している選手もたくさんいますし。近いうちに、世界一になってほしいと思います。
| 院長のひとりごと | 02:21 | - | -